MENU

Menu

CLOSE

プログラミングスクールの闇がやばい!?陥りやすい人の特徴は?

最終更新日 : 2022.06.29

近年、副業や転職など様々な目的でプログラミングを学習している方が増えています。

プログラミングは専門的な知識であるため、学習の場としてプログラミングスクールを選択する方も多いのではないでしょうか?

しかし、ネット上では

「プログラミングスクールに通っても技術は身につかない」

「卒業してもプログラミングの仕事に就くことはできない」

などプログラミングスクールに対して批判的な意見が見受けられます。

実際、良き学び場と言えないようなプログラミングスクールが残念ながら存在しています。

そのため優良なプログラミングスクールを選ぶためにも、プログラミングスクールの闇について知って避ける必要があります。

この記事ではプログラミングスクールの闇の部分について詳しく解説していきます。

プログラミングスクールへの入学を検討している方は是非参考にしてみてください。

プログラミングスクールには闇があると言われる理由は?

プログラミングスクールの闇

優良なプログラミングスクールが多数ある中、裏の部分の闇があるプログラミングスクールが一定数存在すると言われています。

プログラミングスクールに闇があると言われている理由には主に以下の5つがあります。

  • 授業料はお財布と要相談
  • 契約後に追加費用が発生することがある
  • 途中で止めると無駄になる
  • 就職先が限定されるケースも
  • 転職・就職率は100%とは限らない

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

授業料はお財布と要相談

プログラミングスクールの授業料は無料のものから高額なものまでありますが、平均すると決して安くはありません。

授業料が高いからといってスクールで提供されているカリキュラムの質が必ずしも高いとは限らない
ため注意が必要です。

高い授業料金を設定しているのにも関わらず、スクール生が満足できるような内容を提供していないスクールもたくさんあります。

契約後に追加費用が発生することがある

プログラミングスクールによっては、一見わかりづらい料金設定になっていることがあります。

例えば、より高度な技術を身につけるためのカリキュラムには追加費用が発生するようになっていたり、途中でスクールをやめた場合に多額の違約金が発生するたりするような場合があります。

途中で止めると無駄になる

プログラミングは学習を継続することによって身につけることができるものです。

そのため途中でやめてしまうと努力してきたことが水の泡になってしまいます。

また多額の入学金を支払わなければいけないプログラミングスクールの場合、途中でやめてしまうとお金も無駄になってしまいます。

就職先が限定されるケースも

卒業後の就職先を保証していることを宣伝文句にしているプログラミングスクールもありますが、そのようなスクールが紹介してくれる就職先はそれほど自由度が高くない可能性があります。

特に無料スクールに多い事例ですが、就職先がブラック企業しかないということもあります。

無料スクールではスクール生をそのような就職先に斡旋することによって、カリキュラムを無償で提供できているのです。

転職・就職率は100%とは限らない

プログラミングスクールに通うと必ず就職できると考えている人がいますが、スクールを卒業したからといってプログラミングを活かした仕事に必ず就くことができるとは限りません。

確かにプログラミングを習得することで就職や転職の確率を高くすることはできますが、営業力などのビジネススキルも必要になります。

プログラミングスクールの闇にハマりやすい人の特徴

悩む人

プログラミングスクールの闇にハマってしまう人には以下の4つの共通した特徴があります。

  • スクールに通うだけで稼げると思っている人
  • 自分で調べて学ぼうとしない人
  • 事前に比較せず入会した人
  • 途中で飽きっぽい人

それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

スクールに通うだけで稼げると思っている人

プログラミングスクールに通うだけで「就職が保証されている」「自分で稼ぐことができるようになる」と考えている人は考えを改める必要があります。

プログラミングスクールに通うことでスキルを身につけることはできますが、それは稼げることとは必ずしもイコールではありません。

稼げるようになるためには卒業してからもプログラミングについて学ぶことをやめずに努力を継続しなければいけません。

自分で調べて学ぼうとしない人

プログラミングを学習する際には主体的に学習をしようとする姿勢が必要になります。

なぜならプログラミングを使って開発を進めていく際に、わからないことやエラーが発生した時はその都度調べて学ばなければいけないからです。

またスクールによっては自ら積極的に質問をしなければカリキュラムについていけないようになっている場合もあります。

主体的な姿勢で学習に取り組むことができない人はプログラミング学習を途中でやめてしまう可能性が高くなります。

事前に比較せず入会した人

現在、様々なプログラミングスクールがカリキュラムを提供しています。

事前に授業料やカリキュラムの内容を比較せずに入会してしまった人は、授業内容に対して割高な料金を支払ってしまってしまう可能生があります。

途中で飽きっぽい人

プログラミングは努力を継続してはじめて身につけることができます。

飽きっぽい性格の人は継続することができずに学習を途中で投げ出してしまい、支払った授業料を無駄にしてしまいます。

また途中で退会した場合は違約金を取られてしまうこともあるため注意が必要です。

悪質なプログラミングスクールの見極め方

見極め方

プログラミングスクールの闇にハマってしまわないために、悪質なスクールをしっかりと見極めて避ける必要があります。

悪質なスクールの見極め方は主に以下の5つあります。

    • 口コミ等の評判を見る
    • 運営元が信頼できるか
    • 授業内容や料金は分かりやすいか
    • 小さい文字の注意書きが多くないか
    • 「無料」だけをウリにしていないか

それぞれの見極め方について詳しく解説していきます。

口コミ等の評判を見る

悪質なプログラミングスクールかどうかを見極める上で役に立つのは、実際にスクールを体験した人の生の声である口コミなどの評判です。

口コミを見れば講師はどういう人なのか、カリキュラムではどのような内容を教えてくれるのか、その内容は満足できるものなのかなどスクールについて詳細に把握することができます。

運営元が信頼できるか

プログラミングスクールの運営元が信頼できるかどうかを事前に確認しておくようにしましょう。

運営元がIT業界や教育業界と全く関わりのない企業だと、講師の質が悪かったり、実戦で役に立つプログラミングを教えてもらえない可能性が高いです。

授業内容や料金は分かりやすいか

プログラミングスクールの入会を検討している人に、授業内容のカリキュラムや料金設定をわかりやすく提示しているかという点も見極めるコツの一つです。

悪質なスクールは高額な料金に対して授業内容が薄かったり、料金設定を分かりにくくしたりとあらゆる手段でお金を取ろうする傾向があります。

小さい文字の注意書きが多くないか

公式ページを見てスクールの入会を検討する際は、小さな注意書きが多いかどうかにも注意しましょう。

悪質なスクールは都合の悪いことを小さな注意書きにしています。

特に料金に関する注意書きはよく見るようにしましょう。

注意書きをしっかり確認しないと、身に覚えのない契約違反で多額の違約金を請求されてしまう可能性があります。

「無料」だけをウリにしていないか

最近無料のプログラミングスクールが増えてきていますが、「無料」だけを宣伝文句としているスクールは裏の部分があると思ったほうがよいでしょう。

なぜなら通常プログラミングスクールの運営には人件費などの多額の費用がかかるので、無料でサービスを提供しているのにはそれなりの理由があるからです。

無料のプログラミングスクールを選ぶ際はコンテンツ内容も見たうえで相応であるかを見極めるようにしましょう。

プログラミングスクールの闇にハマらないコツ

パソコン

悪質なプログラミングスクールの見極め方に加えて闇にハマらないためのコツを知っておくことで、より安全に自分に合ったプログラミングスクールを選ぶことができます。

プログラミングスクールの闇にハマらないためのコツは主に以下の5つがあります。

    • カリキュラムを受講する前に学習体験をする
    • 口コミや評判を調べる
    • 自分の目的に合ったスクールを選ぶ
    • 卒業後のキャリアプランを考えておく
    • キャンペーン等の釣られて勢いで契約しない

それぞれのコツについて詳しく解説していきます。

カリキュラムを受講する前に学習体験をする

入学前にカリキュラムを事前体験することで、スクールに求める自分の希望と内容がミスマッチする可能性が低くなります。

体験学習を受講することで授業内容が理解できそうなのか、正しい知識を教えてくそうなのかなど、スクールについてより詳細に理解することができます。

体験授業をおこなっているスクールはたくさんあるため積極的に利用するようにしましょう。

口コミや評判を調べる

実際に体験した生の声である口コミや評判は、プログラミングスクールの信頼の証ともいえます。

したがって口コミや評判を事前に調べることで、悪質なプログラミングスクールに入会してしまうのを防ぐことができます。

口コミや評判が良いプログラミングスクールは比較的安全であると考えて良いでしょう。

自分の目的に合ったスクールを選ぶ

プログラミングスクールといってもWebページを作るための知識を教えてくれるものや、アプリケーションを開発するための知識を教えてくれるものなどたくさんの種類があります。

したがって自分が身につけたい知識を教えてくれるプログラミングスクールを選ぶことで、スクールに通って後悔することがなくなります。

卒業後のキャリアプランを考えておく

スクール卒業後にプログラミングを使ってどのような仕事をするのかというキャリアプランを考えておくことで、プログラミングスクールに通う目的を明確化できます。

目的を明確化させることで意欲が向上し、途中でプログラミング学習を投げ出してしまうこともなくなります。

キャンペーン等の釣られて勢いで契約しない

期間限定のキャンペーンなどで授業料を安くしているプログラミングスクールがありますが、価格だけにつられて選んでしまわないようにしましょう。

プログラミングスクールを選ぶ際には価格に見合ったカリキュラムが組まれているかどうか、教育体制が整っているのかなど、価格以外の要素を必ず確認するようにしましょう。

優良プログラミングスクールを選ぶコツ

優良プログラミングスクール

悪質なプログラミングスクールを見極めたら、次に自分に合った最適なプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

自分にとって最適な優良プログラミングスクールを選ぶ際には以下の5つのコツを意識してみると良いでしょう。

    • 数社のスクールを比較する
    • 追加料金の有無を確認する
    • 無料カウンセリングを受ける
    • スクール運営会社を調べる
    • 講師の経歴や口コミをチェック

それぞれのコツについて詳しく解説していきます。

数社のスクールを比較する

プログラミングスクールを比較する際は以下の4つの項目についてしっかりと比較するようにしましょう。

  • 授業料
  • 学習期間
  • カリキュラム内容
  • サポート体制

4項目を比較した上で自分の目的や予算に当てはまるスクールを選択しましょう。

追加料金の有無を確認する

授業料金を確認する際には追加料金の有無もしっかりと調べるようにしましょう。

自分の求める知識を身につけるためのカリキュラムを受講するために、追加料金が必要となる場合もあります。

追加料金の有無などが分かりずらい場合は、直接問い合わせるなどしてスクールに必要な費用を明確にしておきましょう。

無料カウンセリングを受ける

ネットの上の口コミや評判が良いというだけではそのスクールが必ずしも自分にとって最適であるとは限りません。

カウンセリングを受けることで、自分にあったスクールであるのかどうかをより正確に見極めることができます。
したがってスクールが無料カウンセリングを提供しいる場合は積極的に利用するようにしましょう。

スクール運営会社を調べる

スクールの運営元が信頼できる会社であることは、ある程度カリキュラムや教育体制がしっかりしていることと同義です。

スクールの運営会社がプログラミングと関係のある分野、例えばIT教育やWebサービスなどの会社だと信頼性が高いです。

講師の経歴や口コミをチェック

プログラミングスクールのカリキュラムの質は講師の質と同等だといっても過言ではありません。

したがって講師の経歴や口コミも確認するようにしましょう。

講師が現役のエンジニアだったり、教育の経験があったりするとより良いです。

正しく選べばスキルは身に付く!

プログラミングスクールに潜む闇から、悪質なスクールの見極め方、良質なプログラミングスクールを選ぶためのコツまで紹介してきました。

正しいプログラミングスクールを選んで学べば、誰でもプログラミングを習得することができます。

目標に向けてプログラミング学習にしっかりと取り組むためにも、本記事で紹介したコツをしっかりと利用してじっくりとプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

プログラミングスクールをどのように比較したらいいのかわからない方や選ぶ際のコツを知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

【最新】おすすめのプログラミングスクール比較ランキングTOP10!選び方のコツもご紹介

カテゴリ Category