一般社団法人
日本マイスター検定協会

資格・検定一覧

LICENSE

一覧を見る

土地家屋調査士

土地家屋調査士として仕事を行うには、土地家屋調査士試験に合格し、日本土地家屋調査士会連合会に登録して、土地家屋調査士会に入会する必要があります。
試験は、筆記試験と筆記試験合格者に対する口述試験からなり、測量士、測量士補、建築士になる資格がある人に対しては、土地及び家屋の調査、測量についての試験が免除されています。
法律知識はもとより屋外での作業と屋内での作業の両方をこなす必要があり、測量などの屋外での作業の割合が大きいため、専門知識や技術とともに体力が求められます。

百寿コンシェルジュ

一般社団法人百寿コンシェルジュ協会が認定し、株式会社百寿研が活動支援する認定資格です。シニアがエンディングを迎えるまでに想定される老いの課題全般について、フルサポートする円滑老後のプロフェッショナルです。百寿コンシェルジュは、シニア援助の専門技術を身内のような愛に包んで、いつでも・なんでも・気軽に・さいごまで、自律した老後を全面的に応援します。

不動産鑑定士

不動産の売買を行ったり、不動産を担保にしてお金を借りたり、ビルやマンションの家賃を決めたりするときに、不動産の公正な価格を決めることが必要となります。そうした時に不動産を鑑定して評価するのが不動産鑑定士である。依頼者から鑑定の申し込みがあると、まずその土地や建物についてどれほどの費用で作られているのか、近接地域や類似事例ではどれくらいの価格で取引されているのか、それを利用するとどれほどの利益が得られるかなどを調査し、分析します。そして不動産鑑定評価基準に基づいて、総合的に判断し、適正な価格を求め、経過と結果を不動産鑑定評価書に取りまとめ、依頼者に説明と報告します。また必要に応じて不動産利用のコンサルティング等も行います。

一覧を見る
お知らせ

NEWS

一覧を見る
一覧を見る